良い不動産を手に入れるには

よりよい不動産獲得に大切な会社選び1

よりよい不動産獲得に大切な会社選び

賃貸マンションを借りたり、住宅やマンション、土地などの購入を行ったりする場合には不動産会社に情報提供と仲介を依頼するというのが一般的な方法です。
インターネットが普及したことによって情報収集とその選別についてはインターネットのポータルサイトなどを通して簡便に行うことができるようになりました。
しかし、最終的にその物件を実際に見て決めたいと思ったらその物件を取り扱っている不動産会社に連絡をしてその手筈を整えてもらうことが必要になります。
そして、実際に賃貸をしたり購入をしたりする場合にはその手続きを行ってもらうことになるでしょう。
その際にどれだけ良い物件を手に入れることができるかというのは不動産会社の選び方一つで大きく変化します。
インターネットで調べて希望する物件を絞り込んできたとしても、実際に相談にのったときにはただ依頼した通りのことをしてくれるだけではなく、別の物件についても紹介してもらえるのが一般的です。
その際にどういった物件が紹介してもらえるかは不動産会社次第という面があります。
よりよいと期待できるものを紹介してもらえるか、借手や買手がつかなくて困っている物件が紹介されるかはその選び方次第で決まるため、よりよい会社を選ぶことが大切です。

不動産の賃貸契約にかかる仲介手数料の交渉

不動産の賃貸契約を結ぶ上では不動産会社の仲介を受けるというのが基本になります。
そのため、賃貸契約を結ぶ際には必ずその会社に仲介手数料を支払うことになっています。
しかし、その金額について家賃一ヶ月分というのが典型的となっていますが、必ずしもそれが合理的ではないというのが事実です。
仲介をしてもらっているのは借り手だけではなく貸し手もそうであり、両者が支払うべき手数料であるというのが本来の姿です。
法律上も両者が支払うのが原則となっているものの、了解が得られれば一方のみが一ヶ月分を最大の金額として払うことが認められているというのが事実となっています。
そのため、賃貸契約をする際には仲介手数料の扱いについて交渉の余地があるということを覚えておくことが大切です。
本来は不動産会社が得られる利益を最大限にするとしても、貸し手と借し手がそれぞれ家賃の半月分ずつを負担するというのが基本となっていることから、家賃半月分に減らせるように交渉を進めるのがよいでしょう。
家賃額によってはそれほど大きな額ではない場合もあるものの、大きくなってしまいがちな初期費用を減らすためのアプローチとして一考に値する手段といえます。

不動産情報サイトはこちら

一戸建て・マンション関わらずお客様にぴったりの物件をご紹介します。

不動産販売 神戸